[鍼治療とは] [小児鍼] [健保での治療] [治療紹介へ戻る] [最初へ戻る]

鍼治療で使う「鍼」とは

 治療に用いられる鍼は、毫鍼(ごうしん)といわれる太さが直径0.15mmから0.3mm、長さが4から5cm程度の大変細い鍼です。材質は金・銀・プラチナ・鉄・ステンレス鋼などで作られていますが、最近では、その強度・加工のしやすさ・消毒の容易さ・歯切れの良さなどを考慮して、ステンレス鋼が主に用いられます。
 鍼の消毒は、エチレンオキサイドガスにて滅菌の上、パックされており、一度使用したものは廃棄処分とする「ディスポーザブル」方式ですので感染症の心配などはほとんどありません。

●鍼の種類

 中国の古い医学書である「黄帝内経・霊枢」(こうていないけい・れいすう)には次の9種類の鍼が記録されています。
    爆鍼(ざんしん)・円鍼(えんしん)・派鍼(ていしん)
    鋒鍼(ほうしん)・入鍼(ひしん)・員利鍼(いんりしん)
    毫鍼(ごうしん)長鍼(ちょうしん)・大鍼(だいしん)
の9種類で、これらを,刺入,圧迫,仰爬(そうは),瀉血(しやけつ)などの目的に応じて使い分けていました。
 現在、治療に用いられる鍼には、体に刺入して治療する、毫鍼(ごうしん)のほかに、皮膚の表面を刺激するための`鍼(ていしん)・友好太鍼(ゆうこうたいしん)、皮膚に浅く刺して留めおく乳皮内鍼(ひないしん)・円皮鍼(えんぴしん)、幼児を治療するための小児鍼(しょうにしん)などがあります。



社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com