[鍼治療とは] [灸治療とは] [治療で使う鍼] [もぐさについて]

[あん摩・マッサージ・指圧] [治療紹介へ戻る] [最初へ戻る]

鍼・灸・マッサージ治療を健康保険で受けるには

 鍼・灸治療は、健康保険法の療養費制度(第44条の2項)に基づいて、健康保険で治療を受けられるようになっておりますが、事前に、一定の手続きが必要となる他、若干の制限があります。

▲まず、鍼・灸治療を行うことに対しての医師の同意書が必要です。

 同意書の書式は、健康保険を取り扱っている鍼灸院においてあります。
 その同意書の書式を医療機関へお持ちいただき、医師の診察を受けた後、医師に鍼・灸治療に同意する旨の記載をしてもらう必要があります。
 患者さんを治療した後、鍼灸院が治療費を保険者(保険組合等)に保険請求するときには、この同意書を添付しなければならないことになっています。
 同意書を添付しないで保険請求すると、請求は認められず、全額不支給処理されます。

▲健康保険の対象となる病気

 健康保険の対象となる疾患は、痛みを主な症状とする慢性疾患で、下記のものが対象となり、それ以外のものについては現在のところ認められてはおりません。
 具体的には

     (1)神経痛   (2)リウマチ   (3)頚腕症候群
     (4)五十肩   (5)腰痛症    (6)頸椎捻挫後遺症
 の6疾患です。

▲医療先行について

 鍼・灸治療は医療機関において、一定期間治療を行い、治療の効果が著明に現れなかったものに対してのみ、健康保険での治療が認められています。
 ちなみに、鍼・灸治療を健康保険で行う前に、一定期間医療機関において治療を受ける必要があります。

 上記の各項目に該当する場合のみ、鍼・灸治療が健康保険の対象となります。



社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com