[鍼治療とは] [治療で使う鍼] [健保での治療] [治療紹介へ戻る] [最初へ戻る]

小児鍼(むしばり)とは

 子供の体は急速に発育する過程にあり、成人とはその生理がかなり異なります。まだ、大脳の発育も未熟ですし、体内の諸機関にも発育のむらがあります。そのため、諸系統のバランスが崩れやすく、次のような症状をよく見かけます。

●乳幼児期では、かんむし・夜泣き・おねしょ・落ち着きがない・いらいらしている・青筋を立てる・「きいきい」声を上げる・下痢・便秘 ・乳はき・消化不良・扁桃炎・かぜ・喘息・蕁麻疹・湿疹などです。

●また、学童期では、運動不足によって起こる骨の発育不良や、成長過程の関節痛・勉強疲れに由来する、頭重・頭痛・またたきチックなどがあります。

 小児鍼は、軽く皮膚を摩擦したり、鍼を軽く皮膚に接触したり、かいたりする方法ですから、痛いという感覚を与えません。お子さまも、怖がらずに安心して、気持ちよく治療が受けられます。



社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com