平成 28 年度 広報・ IT ・視覚障害部活動報告


                                    広報・ IT ・視覚障害部

                                  部長  畠中 常男
     

        平成 28 年度無免許・無資格施術防止街頭キャンペーン実施のご報告
 平成 28 8 7 日日曜日、午前 10 時より、無免許・無資格施術が危険且つ違法であることを一般県民の方々に理解いただくため、標記のキャンペーンを実施した。

 今回も昨年同様、県内の関係団体である和歌山県視覚障害者福祉協会との共同活動として、無免許・無資格施術の違法性と、危険であることを訴求するパンフレットと、団扇を手渡しながら、街行く人々に呼びかけた。なお、パンフレットには、安心・安全な施術所として、当会会員の施術所のリストを掲載し、国家資格を持った施術者の下で鍼灸マッサージ治療を受けていただくよう、強く推奨した。

 立秋とは言え、暑さ厳しい中、人通りの多い JR 和歌山駅前には、当会会員 14 名に加え、県視覚障害者福祉協会の宮本克二会長他の参加もあり、熱心な活動の結果、意義ある催しとなった。



           16 回 県民のための健康セミナー開催のご報告
  平成 29 3 5 ( ) 午後 1 30 分より、和歌山ビッグ愛   大ホール ( 和歌山市手平 2 丁目 1-2) において、「第 16 回県民のための健康セミナー」を開催した。

  16 回目となる一般の方々を対象とした「健康セミナー」では、県内各地において日々臨床に携わる会員自身が、プロフェッショナルとしての技量と知識で講演や実技を行った。

 まず、宮本会長の挨拶に続く第 1 部では、「はり・灸・ラジオ体操で健康づくり」と題し、当会理事である下平文彦・宮本年起・橋詰二郎が、「はりのお話」・「お灸のお話」・「なぜ効く !?  鍼灸マッサージ」について、来場者に配布した図解入りのテキストに添って、やさしく解説した。そのあと、和歌山県教育委員会スポーツ課生涯スポーツ班の方々による、ラジオ体操の詳しい解説つきで実技指導があり、指導のポイントに留意しつつ、全員で体操を行った。

また、第 2 部の無料体験・相談コーナーでは、@はり・マッサージ体験コーナー A小児鍼体験コーナー B鍼灸マッサージ相談コーナーが行われ、当会会員が、それぞれ当日ご参加の県民の方々に当たった。

 事前のテレビ・ラジオ・新聞等を通じての PR や、この時期恒例の行事としての周知 あり、約 70 名の参加があった。



                  その他の事業

@当会のホームページ・メーリングリストの管理

 A会が発出する文書の点訳・印刷・発送等。


 [総会メニューへ]   [最初へ戻る] 

社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com