《災害支援マニュアル》

(橋爪試案)


一般社団法人和歌山県鍼灸マッサージ師会





第1章(目的)
 このマニュアルは、一般社団法人和歌山県鍼灸マッサージ師会(以下、本会という)が、和歌山県ならびに近隣府県等での大規模自然災害に際し、被災住民の生命・健康を守るため支援活動をするに必要な災害支援鍼灸マッサージ師の育成とその派遣について定める。
第2章(基本方針)
 平常時にあっては,本会に災害対策委員会を設け、会員に防災関連情報の提供をするとともに,会員の中から防災支援鍼灸マッサージ師(註1)を育成し,災害発生の非常時に際しては災害対策委員会を災害対策本部に変更するとともに、和歌山県や他の自治体、全日本鍼灸委マッサージ師会(以下、全鍼師会という)、DMAT(註2)等と連携を図りつつ、被災地に災害支援鍼灸マッサージ師を派遣する。又その活動のための予算を日頃より計上しておくこととする。
(註1)和歌山県及び他の都道府県が被災したとき、本会が支援を決定し,個人の意思で、避難所及び地域の緊急医療支援に派遣される鍼灸マッサージ師。一般の被災者が健康を維持できるよう,又被災した鍼灸マッサージ師の心身の負担が軽くなるよう,適切な医療やケアを提供する役割を担う。
(註2)災害派遣医療チーム。Disaster(災害の) Medical(医療の) Assistance(援助) Team(隊)
第3章(災害対策委員会)
1.(名称)
 本会に、一般社団法人和歌山県鍼灸マッサージ師会災害対策委員会(以下、対策委員会という)を設ける。
2.(業務)
 対策委員会は、平常時に活動し、災害発生時に速やかに支援活動ができるよう,和歌山県や全鍼師会その他の関係機関等と連携を図りつつ,災害に関する情報を収集するとともに、災害支援鍼灸マッサージ師の育成を図る。
3.(構成と職務)
 (1) 対策委員著は本会会長が務め,委員会の業務を統括する。
 (2) 副対策委員長は,本会副委員長が務め、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代行する。
 (3) 対策委員会の他のメンバーは,本会の会長、副会長以外の業務執行理事が務め、常に委員長、副委員長とともに協働する。
 (4) 委員会は必要に応じて,委員長が招集し、災害対策委員会を開催する。

(5) 対策委員会の庶務は本会事務局が担当する。

4.(活動内容)

(1) 災害支援鍼灸マッサージ師について、会員への周知を図り,その育成に努める。

(2) (1)のために,年1回、本会主催で,災害医療や災害鍼灸マッサージ医療関連の研修会を開催し、それらの基礎知識、技術の習得に努め実践能力を高める。又他者との協働と自律的な活動の重要性を認識する。

 尚、災害が発生した他府県からの派遣要請がある場合には、自県での災害対応における貴重な体験となることでもあり、積極的に応じることが望まれる。

(3) 全鍼師会、各都道府県鍼灸マッサージ師会及び関係諸機関(行政、医療、介護関係等)主催の研修会や地域防災訓練への参加等を企画する。

(4) 県や市町村、町内会及び医師会、薬剤師会、看護師会等の防災担当者の会合への出席等を通して、地域防災の現状を理解するとともに,災害発生の際に鍼灸マッサージ師の支援できる内容について普及啓発する。

第4章(災害支援鍼灸マッサージ師の要件等)
1.(申請要件)
 災害支援鍼灸マッサージ師の申請にあたっては次の要件を満たしていること。
 (1) 本会会員である。

(2)  鍼灸マッサージの経験年数が3年以上である。

(3) 本会主催の災害医療研修又は全鍼師会や他の機関の災害医療研修を受講している。

(4) 救急救命講習を受講している。

(5) 勤務している鍼灸マッサージ師の場合は、その所属長の承諾を得ている。

(6) (2)〜(4)の要件は満たされていないが,被災地での災害ボランティア経験がある等の特別な事情により会長が認めている。

2.(申請方法)
 随時、所定の用紙にて申請する。
3.(登録・変更・辞退等)
(1) 対策委員会は災害支援鍼灸マッサージ師の名簿を作成し,管理する。

(2) 登録機関は3年とし、登録の更新ごとに必要な情報の提供及び事務手続きを実施する。

(3) 登録事項に変更を生じたときは登録変更届を提出する。
(4) 登録を辞退する者は,辞退届を提出する。
(5) 非会員となったときは資格を喪失する。
第5章(災害対策本部)
1.(設置と名称)
 和歌山県に災害が発生し,県が災害宣言を発令した時、会長の判断で,対策委員会を一般社団法人和歌山県鍼灸マッサージ師会災害対策本部(以下、対策本部という)と改め,設置する。
2.(場所)
 対策本部は本会事務所に置く。但し、本会事務所が被災している場合には代理施設に設置する。本県で不可能なときは,近隣府県に設けることもできる。
3.(業務)
(1) 本部は,和歌山県および全鍼師会等と連携を図り、災害支援鍼灸マッサージ師の派遣を通して被災地への支援活動を行なう。
(2) 本部は招集後直ちに出席可能なものにより運営する。
4.(対策本部の構成及び職務)
(1) 対策本部長は本会会長が務め,対策本部の業務を統括し,和歌山県災害対策本部との調整、全鍼師会への支援要請等審議決定する。
(2) 副本部長ならびに他のメンバーの構成とその職務については,全て対策委員会に準じる。
5.(活動内容)
(1) 会員の安否を確認するとともに,情報を収集する。
(2) 和歌山県災害対策本部、社会福祉協議会その他関係機関等と連絡をとり、行政機能・ライフライン・アクセス・宿泊・食事状況等を確認し、災害支援鍼灸マッサージ師派遣の是非及び人選を決定する。又派遣人数に不足を生じる時は全鍼師会に支援の要請をする。
(3) DMATとも連開し、協力する。
(4) 庶務は法人事務局が担当し、被災地での対応の経過等も記録し、後日の分析・評価等に活用する。
6.(他府県が被災地の場合)
(1) 他府県が被災地の場合は全鍼師会等を通じて情報を収集し、被災地の遠近、被災規模の大小等勘案して会長の判断にて対策委員会を対策本部に改め,災害支援鍼灸マッサージ師の派遣を検討する。
(2) 全鍼師会から要請があれば、災害支援鍼灸マッサージ師の派遣及び人選を決定する。
第6章 (災害支援鍼灸マッサージ師の活動)
1.(自己完結型)
 災害支援鍼灸マッサージ師の被災地での活動は自己完結型(註3)とする。
 但し、派遣にあたっては,本会が被災地の情報を収集し、支援活動に必要な物品等の提供、又活動中の事故等に備えて,全国社会福祉協議会ボランティア活動保険加入等の支援を行う。
 (註3 指示待ちでなく、自主的に活動することを基本姿勢とし、個人レベルやチームにおいて支援活動の目的達成に必要な身支度や物資等を準備し任務を遂行する。)
2.(オリエンテーション)
 対策本部は、災害支援鍼灸マッサージ師の派遣に際し、派遣期間、活動場所、活動内容、宿泊場所、持参物品、保険及び災害時の支援活動に於ける留意点(心構え等)のオリエンテーションを行う。
3.(ニーズの変化)
 被災地でのニーズは期間の経過とともに変化していくので,自分の目でそのニーズを把握し、どのような支援活動が必要か判断する。
4.(連携と調整)
 災害発生初期にあっては、対策本部はDMATと連絡をとり協同活動の可否を検討し,又DMAT撤退後は災害ボランティアセンター及び他のボランティアとの連携・調整を行ないながら活動する。
5.(書類の提出)
 災害支援鍼灸マッサージ師は派遣の前後に、それぞれ所定の様式の確認書、報告書を対策本部に提出する。
6.(活動日誌等)
 活動日誌をつけ,又一日一回は対策本部に安否連絡を行う。
7.(自身の管理)
 自分自身の健康管理も行う。
8.(引継ぎ)
 後任者への引継ぎを行う。
第7章 (対策本部の解散等)
1.(解散)
 対策本部の解散は、和歌山県災害対策本部から最終報告を受けるなどして危機の状況を判断し、対策本部長が決定する。解散と同時に対策本部は対策委員会となる。
2.(報告書)
 対策本部としての活動終了後は,和歌山県、全鍼師会及び本会理事会に報告書を提出する。
第8章(事務局の活動)
1.(平常時の活動)
(1) 本会の災害支援マニュアルの作成
(2) 災害支援鍼灸マッサージ師の募集・登録
(3) 災害支援鍼灸マッサージ師の活動に必要な物品の備蓄・管理
(4) 災害支援鍼灸マッサージ師の育成研修会の実施
(5) 災害支援鍼灸マッサージ師の交流会の開催
(6) 災害関係図書・文献等の整備
(7) その他災害対策に必要な整備
2.(非常時の活動)
(1) 会員の安否と被災地の情報収集
(2) 災害支援金の取扱い基準の作成
(3) 災害救援物資の調達
(4) 自治体の鍼灸マッサージ担当部署(災害ボランティアセンター)との連絡調整
(5) 災害支援鍼灸マッサージ師の活動にともなう保険加入手続
(6) 災害支援鍼灸マッサージ師の活動経費等の支払い
(7) 本県の被災会員ならびに他府
の被災師会への見舞い電報の送信
(8) その他災害支援活動に必要な諸事項
第9章(マニュアルの制定と変更)
 この災害支援マニュアルは,理事会の決議にて成立し,その変更も又理事会の承認を要する。

 [総会メニューへ]   [最初へ戻る] 

社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com