漢方つぼ物語  (108)
肩 中 兪(けんちゅうゆ)
〈二人のPTA会長〉

 金曜日の夜のホテルの一室、窓越しにはライトアップされた美しい天守閣が望める。客室マッサージ師が宿泊客であるビジネスマンにマッサージを施しながら互いに親しく言葉を交わしている。
 両者には共通点がある。公立中学校・高等学校のPTA会長。マッサージ師は娘の通う公立の中高一貫校のPTAをあずかっている。ビジネスマンは娘の公立高校と息子の公立中学校、二つの学校のPTA会長を兼任している。府県が異なるので、かえってそれぞれの学校の事情を打ち明けて話しやすいため、かなり細部にわたって話が展開されることもしばしばである。

***

 「明日、中学校のおもだった先生方に、校長・教頭を通さずに飲み会の誘いをかけてある。昨年度、女性の先生が退職されたのは生徒に暴力をふるわれたからだという噂が保護者の間でささやかれている。身籠っていた子を流産なさったともいわれている。校長や教頭は否定するが、これだけ公然と噂されるからには少なくともそれに近い現状があると見なければならない。先生方にこの状況を打破する腹づもりがあるのかないのか訊き質(ただ)すつもりでいる。」
 ビジネスマン会長は表情を引き締める。かたやマッサージ師が会長をつとめる学校は、この上なく平和だ。狭い敷地に昨年度から中学校が併設されたために体育クラブの活動が思うに任せない、というくらいが悩みといえば悩みだ。

***

 「極楽言葉と地獄言葉、って聞いたことあります?」
 重苦しくなった空気をやわらげようと、マッサージ会長が切り出した。
「その言葉を発すると人生がいい方向に近づくのが極楽言葉、逆に悪い方向に向かうのが地獄言葉だというんです。」
「面白いね。どんどん実例を挙げてみようじゃないですか。」
「ほめ言葉はおおむね極楽言葉に所属させていいのではないでしょうか?人が誰かをほめているとき、ほめられているほうは照れているけど、ほめている側はイキイキしている。思うに、ほめるという行為は尊敬する相手に近づこうとする向上心のあらわれではないでしょうか。というわけで極楽言葉エントリー番号1番は、『ほめ言葉全般』。」
「いいでしょう。ただし『出世目当てのゴマすりは除く』との注釈付きで承認しましょう。」

***

 「では今度は私が地獄言葉の候補を挙げますよ。『許せない』は地獄言葉!」
 ビジネスマン会長の意外な提案に、マッサージ会長が異議を唱えた。
「ちょ、ちょっと待って下さい。今の世の中、許せないこと、義憤を感じることってずいぶん多いじゃないですか。許せないことを『許せない!』と言ってはいけませんか?」
「許せない、という物言いには正義の側に立って高いところから一刀両断している印象がぬぐえない。しかし一定の状況のもとで人間のすることにそれほど大きな差異があろうとは思えない。むしろ智慧を出し合って、人間の悪い面が出ないよう世の中のあり方をあらためていく工夫こそが必要なのではないか。」
 趣旨説明にいたく感銘したマッサージ会長は、あらたな関連提案に及んだ。
「納得致しました。『許せない』を地獄言葉と認めた上で、その状況で発すべき極楽言葉として『ほっとけない』を推薦します。最近の流行語に置き換えると『どげんかせんといかん』となりましょうか。昨年度、私どもの学校のPTA主催の教育講演会に永年、国際ボランティア活動に携わってこられた方をお招きしたのですが、身体的にたいへんきつい仕事で、なおかつ経済的には決して恵まれない国際協力活動にわが身を向かわせる原動力は『自分がしないで誰がする』『この現状をほうっておけない』という思いだとおっしゃっていました。」
「異議ありません。ではこれに関連する提案として、『ほっといてくれ』および『私には関係ない』を、人と人とのコミュニケーションと連携を拒否している、というかどで、地獄言葉に加えたいと思います。」
「賛成!」

***

 城のライトアップは既に消えたが、二人のPTA会長の極楽言葉・地獄言葉選定会議はまだ終わりそうにない。粘り強く論議しているうちに、てこずっていた「肩中兪(けんちゅうゆ)」のツボ付近のしこりも、ようやくゆるんできたようである。今宵はいつになく星が美しく瞬(またた)き、明晩の深刻な話し合いも、いい方向に向かう予感がする…。

〔肩中兪(けんちゅうゆ)〕小指から腕肩首を経て耳前に至る小腸経の第15穴。
 取穴:第7頸椎(最下の首の骨)・第1胸椎(最上の背中の骨)間の外方2寸。
 治効:背スジのこりの出発点のツボで頭部・腕肩・足腰の症状すべてに効く。

《作者から一言》「極楽言葉・地獄言葉」はラジオで断片的に耳にしたのがきっかけです。ことばというものは元来は意思を伝達するだけの道具に過ぎませんが、ときに人を絶望の淵から救い上げもするし、奈落の底に突き落とすこともあります。日常お互いに「極楽言葉」を使うよう心掛けたいものです。(宮本)



上は肩中兪の図

 ●この文書は、当会会員である、宮本年起氏の創作です。

[前のページへ] [次のページへ] [メニューへ戻る]
[トップへ戻る]


社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com