漢方つぼ物語(157)
膈兪(かくゆ)

〈 老いの楽しみ 〉

 皆さんこんにちは。私は宮本としきと申します。親から引き継いだ鍼灸指圧院ではり・きゅう・指圧・マッサージの治療をさせて頂く傍ら、趣味の落語・腹話術・マジックで、あちらこちらを訪問させて頂いております。ここ最近はいろんなテーマで講演をさせて頂く機会が増えました。講演の内容はさまざまで、健康にはじまり、子育て・人権は言うに及ばず、いかにやる気を起こすか、どうしたら人生を楽しく過ごせるかに至るまで、およそありとあらゆる疑問点をまな板の上にのせまして、斬って・はつって・かきまぜて、結局のところ、何がなにやらわけが分からんと言うようなお話をさせていただいております。

      ***

 そして本日のテーマは「老いの楽しみ」。かみ砕いて申しますと、年を取ってからどう過ごすと飽きが来ないか、というまことに実践的なお話でございます。
 お話の前に、一つ、哲学的な問題に解答を出しておきたいと思います。それは、そもそも我々人間は何のためにこの世に生まれ、何のために生きているのか、という大問題でございます。この点については私、以前から明確な解答を出しておりました。「人は幸せになるために生まれてきた」―これがその答でございます。これしかない、と堅く信じて参りました。ところがつい最近のこと、これにとってかわる見事な解答をみつけました。それは「人は共に笑うために生まれてきた」というものです。作家の田辺聖子さんのモットーなのだそうです。4人の子持ちのお医者様の後添えに入って、見事にこどもたちを育て上げながら作家としても大成功をおさめている「おせいさん」の名言でございます。
 まず「笑う」というところが具体的でよろしいですな。先の「幸せ」やと人によって取りようが異なり、なにが幸せかはきりしないところがございますが、笑いは実にはっきりしております。加えては「共に」というのがよろしいな。
 「雨にも負けず風にも負けず」という詩で有名な宮沢賢治さんがこんなことを言っておられます。「最後の一人が幸せになるまで、私の幸せはない」―なんとまあ、ええかっこ言うお方やなあ、と正直思っておりましたが、昨今はだいぶこの言葉のホンマの意味が分かってきたような気が致します。それは、自分だけエエ目をすることは実は難しい、ということが段々と明らかになってきたからでございます。誰にも相手にされずにヤケを起こして無差別殺傷事件を犯すような人が隣にいたら、幸せは吹っ飛んでしまいます。自分だけ健康でいようと思っても、地球環境が悪化してしまってはそれも不可能です。そうです、時代は「共に笑う」ことを求めています。そこにしか人類の幸福はないのです!

      ***

 そろそろ実践編に参りましょう。
 レッスン1は「笑いのヨガ」。インド人医師・マダン・カタリヤ先生考案のひたすら笑うヨガです。からだをねじる必要はありません。スローガンは「楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しくなる」。いっしょに「こんにちは!」と挨拶して、その後、「わっはっは」と大声で笑いましょう。はい、皆さん合格。
 レッスン2は「アンチエイジング(老化予防)マジック」。和歌山県立医科大学の板倉徹学長がおっしゃるには「頭と手を連動させると脳は活性化する」と。それでは板倉先生お墨付きの認知症を遠ざける手品を一つ。用意するものは輪ゴム2つ。これだけ。右手の輪ゴムをもう一つに通しましょう。通した輪ゴムの両端を左右の親指・人さし指でつまんで右側を下げる。するとそれに乗っかっている輪ゴムが引力に逆らって下から上へと上がっていく。さてもめでたし、輪ゴムの瀧上り〜。では種明かししましょう。右手でつまんだ端を余分に右の手の中に隠して、それを徐々に左へたぐらせていくのです。簡単・不思議!
 レッスン3は「替え歌教室」。お金も使わずにこんな楽しい遊びはありません。お手本を示しましょうね。「さっちゃん」という可愛い歌がありますよね。先日、「マーガレット・サッチャー、鉄の女の涙」という映画を見て作った替え歌。
 ♪ サッチャーはね 「マーガレット」っていうんだ ホントはね 
 だけど いかついから「鉄の女」っていうんだよ 立派だね サッチャー♪
 レッスン4は、いよいよ「腹話術教室」ですよ! ご心配なく、人形は必要ありません。人形なしでできる腹話術を3種類、一挙ご紹介致しましょう。
 人形なし腹話術その@ こだま腹話術。「やっほー!」「アッホー!」「あほはおまえや!」「アンタヨリマシヤ!」、「大好きやでー!」「ゴメンナサーイ!」
 人形なし腹話術そのA 手当たり次第腹話術。(鉛筆を手に持って)「鉛筆君、君の性格はどんなんや?」「Hなとこあるけど、芯は通ってるで!」
 人形なし腹話術そのB 人間腹話術。2人コンビで、腹話術師役が人形役の背中を軽く叩くと口をパクっと開ける。1人だと透明人間にしゃべらせる?
 工夫次第で人生はいくらでも楽しくなる。人生を、共に笑おう、楽しもう!

〔膈兪(かくゆ)〕目頭から頭、背骨沿いを経て足小指に至る膀胱経の17番目。
取穴:肩甲骨の一番下の高さに第7胸椎棘突起。その下で背骨と肩甲骨の中間。
治効:笑いのツボに入り、笑って止まらなくなった横隔膜の痙攣を止めるツボ。

《作者から一言》亡父の本家菩提寺の間近で、勤務先の和歌山盲学校にも程近い老人ホーム・喜成会からのご依頼で地域の皆さん対象にお話しした。(宮本)



上は膈兪の図

 ●この文書は、当会会員である、宮本年起氏の創作です。

[前のページへ] [次のページへ] [メニューへ戻る]
[トップへ戻る]


社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com