漢方つぼ物語(170)
照 海(しょうかい)

〈 和歌山市立明和中学校3年生への道徳特設授業 その1 〉

 まず君たちに尋ねる。自分は死なない、永遠に生き続ける、と思っている人手を上げて。お、数人いるね。近年、科学の進歩はめざましい。最先端の技術をもってすれば、たとえば人間の脳を永久保存することで、永遠の生命を実現することも不可能でない気もしてくる。でも、やっぱり人は必ず死ぬと思う。永遠というものは存在しないし、形あるものはいつか壊れる。命あるものには終わりの時が来る。しかも死は遠い先のこととは限らない。

     ***

 去年の3月11日に巨大な地震が発生し、津波が押し寄せた。その少し後に、新聞の人生相談のコーナーに、次のような内容の相談が取り上げられていた。
「20歳の大学生。震災の時、祖母といた。津波が襲ってきたので逃げた。途中で祖母は歩けなくなった。背負おうとしたが祖母は強く拒んだ。一人で避難し、私だけが助かった。再び祖母を見つけたのは小学校の体育館。祖母の遺体は、魚のようにごろりと転がされていて生命の尊厳などない様子だった。私は祖母を見殺しにした心の痛みを持ち続けながら生きねばならないのでしょうか?」
 この相談に対する回答。
「あなたのお祖母様は、とっさのときに正しい判断のできる方だった。あなたがお祖母様と一緒に助かろうとしていたら、おそらく二人とも命を失っていたでしょう。それがわかっていたから、あなただけを生きさせた。ご遺体がどう扱われようと、そんなことで尊厳は傷つかない。あなたがお祖母様からきいたこと教わったことを、周りの人に伝えることで、お祖母様は生き続けるのです。」
 今、こうして君たちに語りかけているこの瞬間にも、大きな天災が襲ってきて、私も君たちもみんな死んでしまうかもしれない。こんな縁起でもないことを言うのは、私たちは限りある命を生きていると心から自覚することで、悔いのない人生を送ることができると信じるからだ。

     ***

 あらかじめ君たちに宿題を出しておいた。15年間生きてきて、一番うれしかったこと、胸がわくわくしたこと。逆に一番情けなかったこと、落ち込んだことを思い出しておいてほしい、と。別にここで発表しなさいとは言いません。 君たちは間もなく、高校の入学試験を受ける。そのあとも生きていく過程で、いろんな選択をする。その選択の基準の一つは、能力・適性であると思うが、自分としっかり向き合って、自分の魂がどんなことで沸き立ち、どんなときに沈み込むかを知ることで、後悔の少ない充実した人生を生きてほしいと願う。

     ***

 後悔といえば、三千人以上の患者さんの死に立ち会ったあるお医者さんが、人間は死の間際に、どんなことを後悔するかをしるした本を書いている。さあ、亡くなる前に一番後悔するのは、どんなことだろう?
 二番目から発表しよう。「もっと体を大事にしておけばよかった。」
 これはよくわかる。寿命が尽きて眠るように亡くなる人もいるけど、多くは何らかの病気で死ぬわけだから、(ああ、こんな痛い・苦しい思いをしなければならないのだったら、もっと健康に気をつけておけばよかった)と思うよね。
 では一番は? ヒントは「もっと○○に△△しておけばよかった!」
 君どう思う? もっと家族に優しくしておけばよかった、って? それも含むかも。正解は、「もっといろんなことにチャレンジしておけばよかった。」
 やりもしないうちに、あきらめたりしていないか? 死ぬとき後悔しないですむように、思い切って挑戦してみてはどうだろう。

     ***

 人は何のために生きているのだろう? 君の意見は? 子孫を残すため? それは生物学的に究極の解答だね。いきなりその答が出てくるとは思わなかった。見事だ。握手しよう。私のかつての答はこうだった。「人は幸せになるために生まれ、幸せになるために生きている。」でもつい最近、宗旨替えをしたのだ。「人はともに笑うために生きている」と。この言葉は、作家の田辺聖子さんのモットーだ。田辺さんは4人の幼い子供を残して亡くなった人に代わって、新しいお母さんとして子供たちを楽しみながら育て上げ、そのかたわら、作家としても大活躍されている。この生き方に圧倒された。幸せというものは抽象的で、人それぞれって感じがあるけれど、笑うという動作ははっきりしている。しかも自分一人だけが笑うのでなくて、「ともに笑おう!」だから心底参った。
 ほかに、「人生は地球への百年の修学旅行」って考え方もあるよ。これも悪くないよね。修学旅行なら、貪欲にいっぱい学んだ者が勝ち! 君たちは若い。いつの日か死を迎えるそのときに、満足の笑みを浮かべることのできる人生を力強く歩まれることを切に望む。

〔照海(しょうかい)〕生命力の源「先天の原気」を提供する腎の経絡の第6穴。
取穴:足の内くるぶしの一番高いところを1寸(2p強程度)下がったくぼみ。
治効:睡眠・便通を調え、精神の安定を保つ。人生の海を明るく照らすツボ。
《作者から一言》これからの時代を担う若い人たちに渾身の思いを込めて語りかける道徳授業のドキュメントを、2話にわたってお届けしたい。(宮本)



上は照海の図

 ●この文書は、当会会員である、宮本年起氏の創作です。

[前のページへ] [次のページへ] [メニューへ戻る]
[トップへ戻る]


社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com