漢方つぼ物語(212)
神封(しんぽう)

〈 和歌山県女子神職会設立20周年記念大会 〉

 神職をつとめておられる女性の皆様と親しく接する機会を頂戴いたしましたことに、まずもって感謝申し上げます。この感謝は最初にご依頼のお電話を賜りました有田川町・田殿丹生(たどのにゅう)神社の嶋田宮司様に捧げますと共に、究極には、日の本の国の八百万(やおよろず)の神々に、心から御礼を申し上げたく存じます。誠にかたじけなく、勿体ないことでございます。

      ***

 私の母方の親族に、西山 コ(にしやま・いさお)という大叔父がおります。東大出身の文学博士で皇學館大学の教授、ならびに皇學館高校の初代校長を務めました。先日、皇學館中学校・高等学校の現職の校長先生と親しく言葉を交わす機会に恵まれ、大叔父のことを口に致しましたところ、「西山先生のご親戚であられますか」と尊敬のまなざしで見つめて頂きました。そんなわけで本日のこの席も、今は亡き大叔父が縁付けてくれたような気もいたしております。

      ***

 青春時代に、私は人生について神について様々に思い惑い、葛藤しました。還暦も過ぎ、今、私は人生と神とのかかわりについて、ようやく確かな実感を得るに至りました。それを一言で申すと、本日のお話のタイトルとなります。
“神と共に楽しむ 〜 志、言葉、そして笑顔 〜 ”。 この演題に込めた思いを、お話しいたします。
 神の思いをわが思いとし、神の願いをわが願いと重ねるときに、人は初めて自分になりきれ、本分を全うできるのではないか。そのために必要なことは、志を揺るがぬものとし、言葉を磨き、笑顔を絶やさぬことだと考えるのです。

      ***

 まずは志について。歌舞伎の人気役者に市川海老蔵がいます。私は特別に彼のファンだというわけではないのですが、歌舞伎の家に生まれながら、歌舞伎役者として生きることに迷い、ときに世間を騒がせる行動に陥った頃の彼を、他人事ならぬ関心を抱きつつ眺めておりました。現在、市川海老蔵は歌舞伎の舞台に打ち込み、熱心に後進の指導にもあたっているようです。そこに至った経緯を、テレビのインタビュー番組で彼自身が語っていました。中村天風(なかむら・てんぷう)という思想家の本の中に、ヨーガの行者の「肉体も精神も、魂を磨く道具」という言葉を見出し、心の霧が晴れた、というのです。来る日も来る日も舞台で同じセリフ・同じ動作を繰り返すことに感じていた疑問が解けたというのです。そうか人生は魂を磨くためにあるのか、と腑に落ちたとも。「磨く」という所為は同じ動作を丁寧に繰り返すことですよね。ころころと転がって定まらない心が、確たる意義を見出すことで、迷いが吹っ切れたのです。

      ***

 次いで言葉。言葉が大きな力を持つことは、神職につかれている皆様には自明のことでありましょう。日々、祓詞(はらえことば)と祝詞(のりと)で、神と人を結んでおられるのですから。私もまた言葉の持つ力を、経験的に信じる者です。例えば今回のような講演の依頼を頂戴しお受けした折に、私はしばしば「当日皆様にお会いできますことを楽しみにしております。」と申します。ときには自信たっぷりに、「きっと皆様に楽しんでいただけると存じます」などと付け加えることさえあるのです。これは呪文のようなもので、言った者勝ち、その日が近づくにつれ、楽しみが増し、当日は思う存分、お話しできるのです。

      ***

 締めくくりは笑顔。3年前の秋から一昨年の3月まで放送されたNHK朝の連続ドラマ「カーネーション」の終盤、病院で患者やその家族、医療スタッフがモデルになって、ファッションショーを催すシーンが瞼に焼き付いています。ショーの直前に、夏木マリ演じる主人公が、“にわかモデル”たちに確認します。
「お客さんは、きれいな服を見に来るんやないで。幸せを見に来るんや。」
 さらにショーのトリをつとめる末期がん患者である女性には、
「あんたは幸せ以外にもうひとつ、見せないかんもんがある。それは、なんや?」
 幼い二人の子どもと優しい夫のいる、余命わずかなこの女性が答えます。
「はい、奇跡です。私は、幸せと奇跡を、お客様に精いっぱいお見せします。」
 女性は満面の笑顔で見事にショーを締めくくり、鳴りやまぬ拍手喝さいの中で夫や可愛い子どもたちと抱き合います。
 幸せと奇跡を求めて人が訪れるのはファッションショーだけではありません。人はまさに幸福と奇跡を求めて、神のみ苑に足を踏み入れます。神と心を重ね、優しい言葉と笑顔で参拝する善男善女をしっかりと神と結んで頂けますよう、心より祈念申し上げて、僭越至極なお話をおひらきといたしとう存じます。
〈平成26年11月28日午前11時〜正午 和歌山マリーナシティホテルにて〉

〔神封(しんぽう)〕生命力の源で足底〜胸に至る腎の経絡の23番目のツボ。
取穴:前正中線の左右5分の線上で第4肋間(第4・5肋間の中間)の高さ。
治効:肋間神経痛から胸部の痛み全般、果ては恋や人生の悩みまで効くか。

《作者からの一言》講演後の宴席にもご同席させて頂き、笑いの神様に扮して「願いのかなう腹話術」を披露しました。写真は、そのひとコマです。(宮本)



上は神封の図

 ●この文書は、当会会員である、宮本年起氏の創作です。

[前のページへ] [次のページへ] [メニューへ戻る]
[トップへ戻る]


社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com