漢方つぼ物語(236)
気海兪(きかいゆ)

〈 知事感謝状 〉

 和歌山県の社会福祉協議会から電話を頂戴したのは10月の初めだった。このたび、永年、腹話術のボランティアに励んだ功績に対して、知事感謝状を贈呈したい、というのだ。
「本業のほうで既に知事感謝状および知事表彰状を頂いておりますが、重ねて感謝状を頂戴して差し支えないでしょうか?」
 差し支えない、との回答。間もなく表彰式についての詳細な文書が届いた。

***

 和歌山県腹話術協会会長 宮本敏企様へ 社会福祉法人和歌山県社会福祉協議会事務局長より「平成27年度 和歌山県社会福祉功労者表彰式」における知事感謝状受賞者の内定について(ご案内)
 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、和歌山県腹話術協会様には、標記知事感謝状(福祉ボランティア功労者〉受賞者に内定されましたのでお知らせします。
表彰式は、11月11日(水)に県民交流プラザ和歌山ビッグ愛(和歌山市)において別添要綱により行われます。

***

 表彰式当日、会場に向かう直前に、私は腹話術を用いた一つのボランティアの役割を担っていた。
和歌山市吹上地区人権委員長として人権委員会が吹上小学校に提供し、4年生を対象に実施する「高齢者疑似体験ワークショップ」の冒頭で、人形を片手に、その意義をわかりやすく説明することだった。
その後、子供たちは肘・膝の関節をサポータで動きにくくし、重りの入ったリュックを身体の前側にかけ、耳栓をし、目には白内障の見え方を演出するメガネをかけて、見えにくく聞こえにくく体が重く動かしにくい高齢者の体験をする中で、「なぜお年寄りを大切にしなければならないか」を理解してもらう意図なのだ。
 その役割を果たして表彰式の会場に駆けつけると、受付の時間ぎりぎりだった。
 「ああ、宮本さん、今か今かと待っていました。よく来てくれました。」
 和歌山県社会福祉協議会職員の米谷(よねや)さんが言った。大学の先輩だ。
 「ヤキモキさせてすみません。ギリギリまでボランティアをしていました。」
 「さすがですね!」

***

 私は表彰式に一体の人形を「同行」させた。人形同伴で表彰式に臨んだのは、今回の表彰が「腹話術によるボランティア活動」に対するものであったからだ。
 選んだ人形は「フーちゃん」。滋賀県坂本市在住の潟見英明(かたみ・えいめい)先生に作って頂いた人形だ。
潟見先生は人形劇の世界で45年近いキャリアを重ねられ、テレビの「ピンポンパン」や「おかあさんといっしょ」の一連の人形や、和歌山の関係では平成6年に開催された「和歌山リゾート博」のキャラクター「くじらのワックン」人形の製作で知られる人形界の大御所である。
この人形はオーダーメイド。私の次女・知佳が小学生のころ、腹話術に興味を持って、自分の人形がほしいと言い出したので、子供用の軽くて操作しやすい人形を潟見先生に依頼したところ、腕も自由自在に動く人形を作って下さった。

***

 「和歌山県腹話術協会 代表 宮本敏企様」との点呼に、「はい」と私の声、さらに間髪をおかず「ハイッ!」と人形フーちゃんの声。
 部門別表彰を代表して私が感謝状を受け取る。和歌山県知事が読み上げる。
「感謝状 和歌山県腹話術協会様 あなたがたは 永年にわたりボランティア活動に尽力せられ その功績はきわめて顕著であります よってその功労をたたえ深く感謝の意を表します 平成27年11月11日 和歌山県知事 仁坂吉伸」
 人形を抱いて登壇した私は、目の前に差し出された感謝状を人形フーちゃんに受け取らせた。「アリガトウゴザイマス!」と両手をひろげてしっかりと感謝状を受領するフーちゃんに、会場内から大きな拍手と笑いが巻き起こった。
私はこの機会に、と次のように知事さんにお礼を申し述べた。
「県にあられましては、いつもボランティア活動の環境を整えて頂いておりますことを感謝いたしております。」
 和歌山県・和歌山市とも、会議室・活動室等の場所や印刷機・紙折り機などの機材に至るまで、ボランティア活動のための便宜を図って頂いているのだ。

***

 帰宅後、じっくりと感謝状を眺めた。私の名前はどこにもない。「団体表彰」なのだ。
しかしながら「和歌山県腹話術協会様 あなたがたは…」という文言をみつめているうちに、発会に関わった先人方のお姿が次々と脳裏に浮かび、深い喜びが込み上げてきたのだった。

〔気海兪(きかいゆ)〕足の太陽膀胱経上で背骨の外方に並ぶツボの一つ。
 取穴:腰に椎骨が5つある。第3・第4腰椎の間、後正中線の外方1寸5分。
《作者からの一言》 和歌山県腹話術協会は平成27年12月15日に、めでたく「満35歳」のバースデーを迎えました。これからが「働き盛り」です!(宮本)



上は気海兪の図/感謝状

 ●この文書は、当会会員である、宮本年起氏の創作です。

[前のページへ] [次のページへ] [メニューへ戻る]
[トップへ戻る]


社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com