漢方つぼ物語(246)
八邪(はちじゃ)

〈 第60回お稚児まつり&会長就任 〉

  このところ毎年6月の第一日曜日には、午前と午後に恒例の行事がある。
 午前中は和歌山市・海南市の真言宗寺院で構成する真人会主催のお稚児まつり。これは空海・弘法大師様のお誕生を祝う催しである。この催しのアトラクションとして、ここ20年近く私が腹話術とマジックを演じている。
 午後は趣ががらりと変わって、鍼灸マッサージの国家免許を持つ施術者団体であって私の所属する一般社団法人和歌山県鍼灸マッサージ師会の年次総会だ。
 今年、平成28年もそれらの行事は挙行されたのであるが、その重みはふだんの年とずいぶん違っていた。
 まずお稚児まつりは今回めでたく第60回を迎えた。20年前の第40回のお稚児まつりに、当時11歳と5歳の私の娘2人が参加した。この催しは特別の衣装を着けた子ども達が市内を練り歩く「お渡り」から始まる。
雨にたたられることは希なのに、20年前の雨以来20年ぶりに今回、急な降雨でお渡りが中止となった。よし、アトラクションで盛り上げるぞ、と私は密かに拳を握りしめた。
 先般のインド旅行で仕立てた男性用の民族衣装を身につけて登場、
「お釈迦様が生まれ、悟りを開き、説法し、生涯を過ごしたインドを旅してきました。」
と前置きして、子ども達のお母さんの1人にサリーを着せたり、蛇遣いのまねごとをしたりした。
蛇使いのネタはバブルの頃に買ったコミックマジックネタで、どう見てもネクタイにしか見えない「コブラ」を笛で操る、というものだが、こどもに「なんやこれ?」と言われてめげた。
そのあと、隠した紙コップの場所を、表情を読み取って当てる「心理マジック」で少し名誉を挽回できた。
 お昼前に帰宅、朝からの雨はようやくやんでいた。昼食後、スーツに着替えて鍼灸マッサージ師会の総会の会場に向かう。
昨年度決算・今年度予算など、いくつかの議題をこなし、最後が役員改選。立候補していた理事全員の当選が発表され、新理事会が私を会長に選任、総会の承認を得る、という手続きを経て私は会長に就任した。
新執行部と共に出席会員の前に立ち、抱負を述べた。
 「私は鍼灸マッサージの仕事を、私たち自身が誇りをもち、そして社会から信頼され尊敬される業として発展させていきたい。県民の皆さんの健康増進に貢献したい。みんなが最新の情報を共有できる風通しのよい会の運営を心がけていきます。どうかご協力をお願い致します。」

***

 会長就任の挨拶状
 一般社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会  会 長  宮本 年起

  梅雨の候、皆様方にはそれぞれのお仕事、お役目に邁進されておられることと、お慶び申し上げます。日頃は当会のためにお力添えを賜り、心より御礼を申し上げます。
  さて朝方の雨のやんだ平成28年6月5日の午後に開催されました当会の年次総会において、前会長 井畑邦彦の勇退を受けまして一般社団法人和歌山県鍼灸マッサージ師会の会長に選任されました宮本年起(みやもととしき)でございます。

  当会の来し方を顧みますと、昭和の初めに鍼灸マッサージの業友が結集して成立した当会は、昭和37年には法人の認可を受け、五十有余年の年月を県民の健康福祉に寄与することを願って活動を継続し今日に至っております。
私どもの業の関連法規であります「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」も、明年12月20日には制定七十周年の大きな節目を迎えます。また東洋療法の歴史を眺めますと、宇宙のエネルギーと人間生命のエネルギーを一つととらえる二千年来の悠久の哲学が、私どもの業の中核として変わらぬ光を放っております。

  鍼灸マッサージの保険取り扱いの推進、無免許業者の問題、介護予防への貢献等、課題は山積しております。
  もとより浅学非才の身ではありますが、会員一丸の絆を結んで、この伝統の業を県民の信頼に応えうるよう高め、みがいて参る所存でございます。どうか皆様方のご指導を仰ぎたく、会長就任の挨拶旁々、伏してお願い申し上げます。

〔八邪(はちじゃ)〕正規のツボではないが特定の症状に効く「奇穴」の一つ。
 取穴:手の甲側、手の指の付け根の関節(中手指節関節)の間、左右計8穴。
 治効:梅雨の季節は頭痛や関節の症状が出やすい。歯痛・頭痛・手の痛みに。
《作者からの一言》私の患者さんで、リウマチの痛みが治らないので移住覚悟でハワイに家を購入し、そこへ移った方がいる。半月ほどで痛みは和らいだが、友達のいない寂しさと和食の味が大味で繊細さを欠くことに耐えられず、半年でまた日本に帰ってきた。すると半月ほどで、また痛みがぶり返したという。リウマチを代表とする関節痛は、湿度の高い日本の風土病かもしれない。(宮本)



上は八邪の図/お稚児まつりで腹話術

 ●この文書は、当会会員である、宮本年起氏の創作です。

[前のページへ] [次のページへ] [メニューへ戻る]
[トップへ戻る]


社団法人 和歌山県鍼灸マッサージ師会
 〒640-8341  和歌山市黒田97−14
 電話  073-475-7771  FAX   073-474-2241

 メールはこちらまで  info@washinshi.com